この翻訳はアマチュアのボランティアによって行われました。修正が必要な個所にお気づきでしたらご連絡ください。

簡単なスタート方法 (ダウンロード不要)

***ブラックホール衝突シミュレーションを今すぐに行いたければダウンロードやインストールは不要です!ブラックホール衝突シミュレーションをウェブブラウザで実行できます。やり方は以下です。:

  1. Interactive NRPy+ Tutorialを開く (一分くらいかかるかもしれません)。 ネットワークホスト mybinder cloud

  2. "Colliding Black Holes! ブラックホールの衝突!" 下にあるモジュール(紫)をクリックする。

  3. 上にある "Fast-forward"ボタンをクリックし、"Restart and Run All Cells"をクリックします。 NRPy+ はアインスタインの相対性理論を最適化されたCコーディングの形に生成します。Cコードは実行ファイルにコンパイルされクラウドサーバーで処理されます。そしてmatplotlibによってノートブック内でアウトプットの映像化が行われます。全行程は10分ほどかかりますが下のビデオで何が起きたかを見ることができます(ホームページにある内容の再構成)。

  4. もしブラックホールのパラメータをいじくりたかったら、例えばコーディングを編集することによってブラックホールの質量を好きな数値に変え、ステップ3に戻ります。

const REAL BH1_mass = 0.5,BH2_mass = 0.5;


ブラックホールの質量の合計が1になるのがもっとも役に立ちます。さらに興味があったら、先の NRPy+ tutorial modulesに詳細があります。

時間のかかるやり方(すべてがあなたのコンピューターで実行されます。Jupyter(ジュパイター) が前もって実行されていることが必要です!):

最新の NRPy+, BlackHoles@Homeの起動源。Jupyter notebooks (ジュパイター・ノートブック)のインタラクティブNRPy+マニュアル含む.

BlackHoles@Home はNRPy+/SymPyに基く、githubがネットワークソフトのオープンソース・ソフトウェアプロジェクトです。 NRPy+はPythonに基づいたJupyter notebooksにより開発され、そのシリーズに文書化されており、 best-practicesを用います (継続したインテグレーションを含む)。もしあなたがソフトウェア・ディベロッパーか計算科学者でこのプロジェクトへの貢献に興味があるなら、ぜひ[リード・ディベロッパー(https://math.wvu.edu/~zetienne/) までご連絡ください。もしこれを自宅のデスクトップ型パソコンで実行したいならAnacondaが便利かもしれません(私個人はvirtualenvインタプリタを使っています)。ダウンロードのリンクは下にあります。

いにしえのソフトウェア:

古い (SENR/NRPy+) ソフトウェアの埋葬所

別に指定がない限りすべてのコーディングは 2-clause BSD licenseライセンスです。

もし私たちの開発に参加したかったらe-mailしてください。Email Z. Etienne