この翻訳はアマチュアのボランティアによって行われました。修正が必要な個所にお気づきでしたらご連絡ください。

ニュースレター

ホライズンについてもっと知りたいですか? BlackHoles@Home ニュースレターにサインアップ

基礎的な内容の紹介

BlackHoles@Home APS 2019 プレス・カンファレンスのスライド

技術的な内容の紹介

重力波 が検出されたとき、「一体何がこの重力波を作ったか?」という疑問を明らかにすることは科学の前進には不可欠です。

観測されたなかでもっとも単純な重力波波源の特性から推論したとしても連星ブラックホールは7つのパラメータ領域(質量プラス各ブラックホールのthree spin vector components(3つの角運動量))に及ぶ重力波波形の数値相対論 的データを必要とします。

これまでに観測された連星ブラックホールの事実上すべての数値相対論的シミュレーションはスーパーコンピューターによる処理が必要なため、すべての一貫したデータはパラメータ領域を3.2ポイント/次元以下に抽出します。

ノイズが非球対称振動の比較的小さな信号を不明瞭にするので、これらの微小なデータはこれまでのノイズの多い重力波の観測には十分でしたが、将来前進するためには不十分です。

二つのブラックホールの衝突!
二つのブラックホールを衝突させ、その仕組みを学ぼう Interactive NRPy+ Tutorial!

BlackHoles@Homeは連星ブラックホールや中性子星の連星がほぼ左右対称なことを最大限に活用する数値的グリッドを採用し、メモリとシミュレーションのコストを100分の1まで減らすことを目標とします。コスト減によって一般消費者用デスクトップ型パソコン(またはノートPC)による連星ブラックホールの合体シミュレーションが可能となります。

BlackHoles@Home は(SETI@Homeと併行に)BOINCという基盤ソフトによって実行されます。コンピューターを持っているなら誰にでも数値相対論的重力波のデータとしては史上最大のデータ構成に貢献できます。

ホライズンには何があるか知りたいですか? BlackHoles@Home ニュースレターにサインアップ

発起人

Zachariah B. Etienneザッカリア・B・エティエネウェストヴァージニア大学数学助教授です。 Ian Ruchlin イエン・ラクリン は過去にウェストヴァージニア大学の数学学部博士研究員でした。

トップに戻る